Bfor.cn
xmasfox的空间
http://xmasfox.bfor.cnRSS ﹥收藏
 
网络日志
 
花月残 
发布于:2007-10-25 10:39
黑暗的墓地,笼罩了我的不安。
片片的哀伤,席卷而来。
远离了那片沉重的硝烟,瞬间被绽放。
遥远的夏日,终究是想不起来的感觉。
冰冷而且盲目。
是谁曾经遗忘了,那样的波涛汹涌。
高山上的白塔,扭曲的痕迹,斑驳不堪。
却是无法淡淡的遗忘。
回不去的地方和到来的地方,都是一样,一种有过的错觉。
遗憾的是,彗星的消逝,竟也那样快,连许愿也来不及。
双手抚摸的痕迹,不复存在,那样,彻底。
旅程经过的风景,一张张随意的照片,似乎都在嘲笑,嘲笑着一个人的不安。
靠近海边的房子,风吹得越加冷冽起来,连骨髓都感受到痛楚。
黯色的苍穹,晦涩而赤红,连呼吸都要夺走了去。
擦肩而过的伴侣,一对又一对,连痕迹都压迫着。
绽开的光芒,一寸寸的消失,随着雨的声音消失了。
珠翠的河水,遄遄经过了手指,冷。
斜斜的影子绕过了树枝,一点点的平复下去。
那样的轻,轻的连手,都容易穿透。
椅子上的老人,用着无法视物的眼眸,温柔的望着。
细细聆听着周遭的点点滴滴.
光,渗透了指尖.
原来,连路过,都是一段无法抹煞的风景罢.

花月残

【阅读 7109】 【评论 2】
评分统计
评论
【2楼】回复: 花月残
你谁谁谁啊...居然随便将我的文写上去.给我撤了.
发布者 橘无涯  -  2008-05-26 10:43
【1楼】回复: 花月残
混蛋..你写我的文就算了,还不给我好好说明一下...小心老子找你算账...你给我记住..
暗い墓地、私の不安を覆いました。
切れの哀悼、席巻の勢いで来ます。
あの重い砲煙を遠く離れて、瞬間開放されます。
遥か遠い夏の日、結局は思い出せない感じです。
氷のように冷たいですその上盲目。
誰がかつて忘れたので、そのようなは波が荒れ狂います。
高山の上の白い塔、ねじ曲がる痕跡、まだらになっています非常に。
ところが淡く微かに忘れることができません。
行かない地方と到来する地方に帰って、すべて同様にで、1種のあった錯覚。
残念なのは、彗星の消えること、意外にも同じくそんなに速くて、願をかけるのさえ間に合いません。
両手のなでることの痕跡、再度出現しないで、そのようにして、徹底的です。
旅の通る景色、ひとつひとつの気の向くままにの写真、すべて嘲笑するようで、一人の不安を嘲笑しています。
海岸の家が間近で、風は吹くのがますます冷たくなってきて、骨髄さえ苦痛を感じます。
暗い色の大空、難解で深紅色で、続けて呼吸してすべて奪っていっていきなければなりませんでした。
通り過ぎる伴侶、1対はまた1対です、痕跡さえ圧迫しています。
ほころびる光芒、一寸一寸の消えてなくなること、雨にぬれる音に従って消えてなくなりました。
真珠と翡翠の河の水、すこし頻繁で指を通って、寒いです。
とても斜めな影は木の枝を回避して、ほんの少しのは穏やかになり続けます。
そのようなは軽くて、軽くなったの共同で、すべて貫きやすいです。
椅子の上の老人、物の目のひとみを使って、やさしい眺めること。
そうですか。。そうですか。。もとは、通るのさえ1本で、抹殺することができない景色。


黑暗的墓地,笼罩了我的不安。
片片的哀伤,席卷而来。
远离了那片沉重的硝烟,瞬间被绽放。
遥远的夏日,终究是想不起来的感觉。
冰冷而且盲目。
是谁曾经遗忘了,那样的波涛汹涌。
高山上的白塔,扭曲的痕迹,斑驳不堪。
却是无法淡淡的遗忘。
回不去的地方和到来的地方,都是一样,一种有过的错觉。
遗憾的是,彗星的消逝,竟也那样快,连许愿也来不及。
双手抚摸的痕迹,不复存在,那样,彻底。
旅程经过的风景,一张张随意的照片,似乎都在嘲笑,嘲笑着一个人的不安。
靠近海边的房子,风吹得越加冷冽起来,连骨髓都感受到痛楚。
黯色的苍穹,晦涩而赤红,连呼吸都要夺走了去。
擦肩而过的伴侣,一对又一对,连痕迹都压迫着。
绽开的光芒,一寸寸的消失,随着雨的声音消失了。
珠翠的河水,遄遄经过了手指,冷。
斜斜的影子绕过了树枝,一点点的平复下去。
那样的轻,轻的连手,都容易穿透。
椅子上的老人,用着无法视物的眼眸,温柔的望着。
细细聆听着周遭的点点滴滴.
光,渗透了指尖.
原来,连路过,都是一段无法抹煞的风景罢.
发布者 橘无涯  -  2008-05-26 10:59
发布评论
名称:
密码:(游客无须)
您的网络日志 URL(可选):
标题:
评论
验证码:
 换一个

  
      
添加表情: